かもと祐一オフィシャルサイト ホーム

このページの位置: Home > 活動日記-blog-

かもと祐一の 活動日記-blog-

島根県の県立学校の生徒さんへ

島根県の県立学校の生徒さんへ、 今回のコロナ対策により、部活動、勉学、学生生活において、失望、落胆、戸惑いなどさまざまなつらい思いをされていることと思います。しかし、これからのみなさんの豊かな学生生活、人生のために、今は辛抱をしていただきたいと思います。みなさんの明るい未来のために、大人たちは今一所懸命働いています。これから、もしかしたら間違いを犯すかもしれません。今まで大人たちもこのような経験をした人たちが周りにほとんどいないから。だけど、同じような感染症対策の分野でたくさんの勉強と研究、経験を重ねた専門家がたくさんいます。そうした人たちの意見などを参考にしながら、みなさんができるだけ早く学業に戻れるように、大人たちはこれからも頑張ります。それまで家でできる準備に、みなさんもベストを尽くしてください。 島根県教育委員会から以下の連絡がありました。 全ての県立学校について、5月31日まで休業期間を延長すること。 松江・出雲市内以外の県立学校は5月7日・8日に、出雲市内の県立学校は5月12日・13日に、健康観察、生活指導、学習課題の確認・指示等のための分散登校を行うこと。 松江市内を除く全ての県立学校で、5月18日から31日まで、教科指導のための分散登校を行うこと。 この間、本人や家族の健康や感染に不安のある児童・生徒は、登校する必要なはいこと。欠席扱いにもならないこと。 松江市内の県立学 … 続きはこちらをクリック

「国債購入 制限なく」

 今朝の日本経済新聞によれば、来週27日、日本銀行が金融政策決定会合で追加の金融緩和を打ち出す最終調整に入ったということ。この内容が本当であれば、画期的なこと。 その柱として、3つの方向性を検討することが掲載されている。 ①国債の購入額を、現在の年間80兆円とするを撤廃し、必要な量を制限なく買えるようにする。 ②社債、企業が発行するコマーシャルペーパーの購入上限額を倍増する。 ③中小企業の資金繰り支援の前面に立つ日本政策金融公庫に対し、ゼロ金利で企業向け融資の原資を貸し出す公開市場操作について、対象先に追加する。 というものだ。 感染予防対策、医療対策、生活者支援、中小企業・個人事業者支援など、今回の緊急経済対策に加えて今後もさらに財政需要が高まっていくことが予想される中で、新たな国の財政措置によってより柔軟に対応できることが期待される。島根県にもさまざまなコロナ対策のためのたくさんの資金ニーズがあり、国からの財政支援をそれらに充当できる可能性が高くなる。 27日以降の日銀、そして政府の対応に注目し、期待したい。 #新型コロナウイルス感染症対策 #生活者支援 #中小企業支援 #個人事業主支援 #日本銀行 #国債購入制限なし #島根県  

コロナウイルス対策に関する知事の会見

本日14時に知事の定例会見があり、新型コロナウイルス感染症への対策について知事からコメントがあったようだ。関連した会見の概要は次のとおり。 ①国の経済対策、県内の状況などを踏まえて、検討している。 ②最優先すべきは医療提供体制を含めた感染症対策、そして、緊急事態宣言以前からの事実上の外出自粛要請、3密回避などを通じて、県内の経済活動に幅広い影響が出ていることを踏まえて、県内の経済を守っていくための喫緊の対策を中心に、緊急に対応すべき事項について、来週中を目標に、緊急の事案であることから、知事の専決処分により補正予算を編成したいと考えている。 ③そして、国の緊急経済対策の内容の精査、5月7日以降の政府の対応も踏まえ、6月議会に、感染収束後の対策等を含めて、全体の姿を示すことを考えている。 ④先の知事専決処分と6月補正予算の2段階で考えている。 ⑤専決処分による補正予算の具体的な内容については、来週、改めてお知らせする。 知事には、必要であれば、躊躇なく迅速な対応を求めており、先般行った意見交換も踏まえ効果的な対策を打ち出していただきたい。  

1 2 3 4 5 6 7 8 39

このページの先頭へ