かもと祐一オフィシャルサイト ホーム

このページの位置: Home > 活動日記-blog- > 政治・経済

テーマ: 政治・経済

2月定例会

3月16日に閉会した2月定例会では、令和4年度予算を中心に議論が展開されました。 豪雨災害、コロナ禍など過酷な災害が続いていますが、また、米価下落に加え、2月末にはロシアのウクライナへの侵略が始まりました。 ロシアがいかなる理由をつけようとも、力による一方的な現状変更の試みであり、ウクライナの主権と領土の一体性を侵害する明白な国際法違反であります。第2次世界大戦後から試行錯誤、紆余曲折を経ながらも、我が国も含め、世界の国々が協力し合って築き上げてきた国際秩序の根幹を大きく揺るがす行為として、断じて許容できず、厳しく非難されなければなりません。さらに、我が国の安全保障、島根県民、そして国民の生活にも大きな影響をすでに及ぼしており、決して看過できません。 国においては、国際社会と連携し、これからも様々な手段を通じて、ロシアに対して軍の撤収、国際法の遵守を強く求めるとともに、邦人の確実な保護や我が国への影響対策について万全を尽くされるよう求めるものであります。 コロナ禍をはじめとするさまざまな危機から県民生活を守るため、市と国との連携をさらに密にとりながらコロナ対策、生活困窮者対策、事業者支援を含めた経済対策などに鋭意取り組んで参ります。 2月定例会の一般質問では、下記の点について一般質問をしました。 1.島根大学における新学部創設の申請について 2.カーボンニュートラル政策の島根県のものづく … 続きはこちらをクリック

地元選出国会議員へ要望

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。 皆様方におかれましてはご健勝で新年を迎えられ、ご活躍のことと拝察しております。 昨年もコロナ禍への対応を余儀なくされる一年でしたが、大雨、台風、米価の下落や原油の高騰など、私たちの生活、仕事や活動などをおびやかすことが立て続けに起こった年でもありました。 その中にあっても今年も前を向き、未来を見据え、皆様の生活を守るため一歩一歩着実に歩みを進める年にすべく精進して参ります。 今年もご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 11日は地元選出国会議員へ島根県議会自由民主党のメンバー全員で上京し、要望活動を行いました。翌日は気になっていた領土・主権展示館を訪れました。 3回目のワクチン早期接種、生活困窮者支援、飲食・宿泊業をはじめ大きな影響を受けた事業者などの皆様への継続的金融支援・消費喚起策、新規就農者支援、看護士・介護士・保育士の待遇・労働環境の改善、金属素材研究を積極的に行う島根大学の支援、中山間地域の移動手段の確保、防災対策を含む基盤整備など多岐にわたる要望を行いました。 写真上は衆議院議長公邸にて細田博之衆議院議長へ要望提出、下は衆議院議員会館にて青木一彦参議院議員、舞立昇治参議院議員へ要望提出したときのもの。    

1 2 3 4 5 6 31

このページの先頭へ