かもと祐一オフィシャルサイト ホーム

このページの位置: Home > 活動日記-blog- > 政治・経済

テーマ: 政治・経済

自由民主党 移動政調会(雲南地区)

 今日は13:30から自民党移動政調会(雲南会場)が雲南市大東町の古代鉄歌謡館で開催されました。  地元の国会議員 細田衆議院議員、青木参議院議員から国政報告、衛藤 晟一参議院議員から「憲法改正について」の基調講演が行われた後、地元の雲南地区の皆様からの要望について会場の皆様と意見交換会を行いました。意見交換といっても、コロナ禍の下であり、マイクを回して会場と壇上のみなさんとの意見交換はできませんでしたが、あらかじめご提出していただいた要望について壇上の国会議員を中心とする議員から回答をさせていただくという方式をとりました。  木次線の存続、特定地域づくり事業協同組合などの取組、情報通信にかかわる施設整備や運営経費に対する財政支援、新過疎対策の充実、中山間地域対策、社会基盤の整備、新型コロナウイルス対策、自民党に対する要望について意見交換をさせていただきました。大変実りある会となりました。今後とも要望実現に向かい努力して参ります。  【出席者】  参議院議員      衛藤 晟一 様  雲南市長       原  仁史 様  奥出雲町長      勝田 康則 様  飯南町長       山碕 英樹 様  自民党島根県連会長  細田 博之 衆議院議員  自民党県連副会長   青木 一彦 参議院議員  自民党県連幹事長   絲原 德康 島根県議会議員  自民党県連政調会長  園山 繁  島根 … 続きはこちらをクリック

9月定例会

久々の投稿です。 9月議会も質問戦、常任委員会が終わり、今週からは決算特別委員会などの特別委員会に移ります。 今議会は、コロナ対策、豪雨被害対策などを中心とした補正予算、条例案が上程され、23日には、会期途中で、議員提出による「国土強靱化、老朽化対策を含む地方の社会資本整備の推進を求める意見書」が可決されました。 安来市でも先日コロナ感染者が確認されました。だれもが感染しうる病気です。冷静に対応するとともに、感染者や関連するみなさんに対する人権を尊重していくことも大変重要です。 また、感染による県民の生命・健康を守ることが第一ですが、県内経済・雇用を守っていくことも大事です。島根県でも国や国外でも経済の落ち込みが伝えられており、4月~6月期のGDPで日本で約28%、アメリカで約3割、EUで約4割の減少ということです。日本では今のところ、感染者数で言えば落ち着きをみせていますが、今後も厳しい状況が続くだろうという見通しが多く、全世界を見ても感染者数は増え続けており、約3300万人、死者数に至っては100万人に到達しようとしています。 県民の医療・福祉環境をコロナから守りながら、県民の経済、雇用を守っていくためには、県でできることをしっかり行っていくとともに、今以上に国・市町村との連携、国からの支援が必要です。特に国へはしっかりと財政支援も含め求めていかねばなりません。 9月定例議会提案内容 … 続きはこちらをクリック

1 2 3 4 5 6 7 29

このページの先頭へ