かもと祐一オフィシャルサイト ホーム

このページの位置: Home > 活動日記-blog- > 生活

テーマ: 生活

人生100年の安心を!

安来市民、島根県民に夢を持ち、やすらぎを感じていただける環境づくりのために必要な柱の4つめが「人生100年の安心を!」です。 戦後日本人の平均寿命は現在に至るまで着実に伸びています。近年になってその伸び率は小さくなっているようですが、人生100年といわれるような時代がそこまできているようです。 しかしながら、人生100年となると医療や福祉、介護などにかかる費用が懸念されます。健康でいられる寿命を伸ばすことが大事です。十分な栄養をとり、適度な運動して、睡眠を十分とり、ストレスのない生活を送るということでしょう。また、仲の良い仲間や趣味の仲間と楽しい時間を過ごすことも健康寿命を伸ばすことにつながるのではないでしょうか。 「ゆりかごから墓場まで」と言われますが、切れ目のない保健、医療、福祉、介護の体制を構築し、住民が安心してやすらぎを感じられる環境づくりをしていかねばなりません。地震災害、豪雨災害も近年立て続けに発生していますが、インフラ整備も含めた防災、減災の対応も必要になってきます。 スポーツ・レクリエーションを振興し、健康寿命を延ばす取り組みの推進 出会いの場づくりから安心して出産、育児ができる環境整備 地域包括ケアの推進、ミニサロン事業など高齢者福祉事業の推進 障がいを持った方の就労支援策の強化、ユニバーサルデザインの推進 地域交通を確保するなど、交通弱者への支援 地域防災力の向上、消 … 続きはこちらをクリック

子供には夢を、保護者には余裕と安心を!

このたび、安来市民、島根県民に夢を持ち、やすらぎを感じていただける環境づくりのために必要な柱を5つにまとめました。 子どもには夢を、保護者には余裕と安心を! 女性と高齢者のさらなる活動の場を! 地域により多くの仕事を 安来・島根を世界・全国に発信! 人生100年の安心を! 中山間地域・人口減少地域を守る!   そのうちの一つが「子どもには夢を、保護者には余裕と安心を!」です。 子どもたちが成長の中で夢を持てるように、そして地域でその夢がかなえられるように環境づくりもしていくことが必要です。夢と志をこの安来市で、島根県で! 多くの保護者には余裕がありません。共働き、子育て、地域行事など、中には晩婚化により両親の介護も同時に行わなければならない家庭もあります。基本は自助ですが、共助、公助とバランスをとりながら保護者に余裕と安心が生まれるよう環境づくりをしていく必要があります。 希望する保育所入所など保護者が安心して働くことができる保育環境、すべての子どもが等しく学べる教育環境の整備 学力・英語力、生き抜く力、問題解決力など人間力・感性を高める教育を推進 ふるさと安来・島根に夢と誇りを持てる地域学習の推進 高等学校の部活動強化を支援し、その力を全国に発信 放課後児童クラブの充実など子育て世代を支援 時間の関係上今日はここまでとさせていただきます。 さあ、明日も前進!

1 2 3 4 5 6 7 8 17

このページの先頭へ